シリンダープラズマ  – 粒子処理技術

2022.01.21

シリンダープラズマ – 粒子処理技術

筒状の装置でプラズマを発生させる方法があります。

それが、「シリンダープラズマ」です。

シリンダープラズマは、筒の内部にプラズマを発生させることが出来、

マルチガス技術を用いれば、プラズマ化するガスを自由に選択できるのでさまざまな活性種を大量に作ることができます

※マルチガス技術:あらゆるガスをプラズマ化できる技術です
マルチガス技術を用いれば、CVDの原料となる有機系ガス等の混合など、 所望な組成のガスでプラズマを生成することができます

 

▼動画.シリンダープラズマ

 

上の動画では、筒の中を覗くような状態で観察しています。

この筒の内部にプラズマを作ることで、大量の活性種で充填することが出来ます。

この「シリンダープラズマ」「粒状試料処理シリンダー」を組み合わせると、

植物種子やペレットなど、粒状の試料をプラズマ処理できるようになります。

シリンダープラズマから粒状試料処理シリンダーに多量の活性種を導入することで
たくさんの試料を一度にプラズマ処理することも可能です。

 

▼写真.粒状試料処理シリンダー

 

弊社では、粒状の物体を一度にプラズマ処理することが可能です。

ご希望に応じた最適なプラズマを設計し、ご提案することができます。

どうぞお気軽にご相談ください。