紙のプラズマ処理表面観察

2021.11.12

紙のプラズマ処理表面観察

紙にプラズマを照射することで、紙の再表面を改質し、親水性を向上させたり撥水性へのアレンジをすることが可能です。

 

▼ 参考記事『紙のプラズマ処理事例』

紙のプラズマ処理事例

 

▼写真.濡れ性改善結果(普通コピー用紙)

▼写真.濡れ性改善結果(光沢紙)

▼写真.濡れ性改善結果(和紙)

 

プラズマを照射することで紙の表面は改質しますが、見た目の変化は全くありません。

大気圧低温プラズマ加工では、物質表面の特性を変化させますが、その物体の表面には放電損傷を与えません

 

▼写真.SEM画像(普通コピー用紙)

▼写真.SEM画像(光沢紙)

▼写真.SEM画像(和紙)

 

弊社では、このようなダメージフリープラズマを特徴としています。

紙製品の大気圧プラズマ処理についてのご相談を承っております。

どうぞお気軽にご相談ください。