2021.08.02

積層プラズマ(Multi-layer Plasma) – 大容量プラズマ化技術

複数の層で同時にプラズマを発生させる方法があります。

積層プラズマ(Multi-layer Plasma)」です。

積層プラズマの技術を利用すれば、一度に大量の気体をプラズマ化することができます。

物質はプラズマ状態になると、分子や原子が電離して化学的活性の高い状態(=ラジカル状態)に変化します。

このようなプラズマの特性を利用すれば、例えば、通過させる気体の「消臭」や「殺菌」などの効果が期待できます

 

▼動画.積層プラズマ

 

上の動画では、平面状に広がる大気圧プラズマを積層していく様子を、側面から観察しています。

このように複数の層で同時にプラズマを発生させることにより、層間のプラズマの容量を稼ぐことができます

通過する気体の流量が大きくても、複数層で同時に処理することで、密度の高いプラズマ処理をすることができます。

 

私たちは、2010年から繊維など長尺物の大気圧プラズマ処理に挑戦を重ね、工業化に成功しました。長尺物処理では、均一で高密度な大気圧プラズマを、連続かつ大量に処理する事が大きな課題でした。工業化のノウハウを最大限に活用して、実用的な大気圧プラズマ処理をご提案することが可能です。

弊社では、大気圧プラズマ生成層を自在に制御することができるため、ご希望に応じた最適な積層プラズマを設計し、ご提案することができます。

 

▼写真.ご希望に応じた最適な積層プラズマをご提案できます

 

 

▼図.積層プラズマを利用した空気のプラズマ処理例

 

積層プラズマは、空気のみならず、ヘリウムやアルゴンなどの希ガス、窒素や酸素、二酸化炭素、有機ガスなどを単体、あるいは混合した状態でプラズマ化することが可能です。

どうぞお気軽にご相談ください。